浜田きよ子オフィシャルサイト。介護現場に答えを当てはめるケアではなく、考える介護をはじめよう。
浜田きよ子オフィシャルサイト
浜田きよ子
考える介護のために・哲人と対談する 福祉用具研究会の活動から プロフィール 高齢生活研究所の事業案内

 

仕事の原点

私が用具の功罪を知ったのは母の介護を通してです。

もう30年ほど前のことになりますが、母は重い糖尿病で入院していました。

糖尿病は母の身体のあちこちをむしばみ、目は白内障のためにほとんど見えなくなっていました

それでも母はベッドから下りて自分でトイレに行っていました。

当時の病院のベッドは高くて、足を下ろしても届きません。そのためベッドには踏み台が置かれていました。

ある日、トイレに行こうとした母は上手く踏み台に足が下ろせずに転倒してしまいました。

その日、看護師さんから「もうベッドから下りるのは危ないからおむつで排泄しましょう」と優しく言われました。母は「おむつだけでは嫌だ」と言ったのですが、私もおむつを勧め、母はおむつを当てられました。

私は母が危険な目にあうよりも安全な状態でいるほうが早く回復すると思っていたのです。

その日を境に母は急速に弱っていきました。

ベッドから起き上がらなくなり、食事もほとんど食べなくなりました。

そしておむつと因果関係があったかはともかく、母はそれからひと月後に亡くなりました。69歳でした。

「おむつを使わなければよかった。でもどうすればよかったのか」。

これが私の仕事の原点となり、私はさまざまな用具について情報を収集し、選び方や使い方を学んできました。

何よりこの間に多くの優れた用具が開発されました。

今の私なら母におむつではない安全な排泄の方法を伝えられると思います。

便利な用具を紹介や、介護の相談、とりわけ排泄介護の相談を受ける中でいろいろと感じること、教えられることがあります。

私も60歳を過ぎた今、母があんなふうに亡くなってしまったのは、おむつだけのせいではないと改めて感じています。

目が不自由になった母には、不自由さを抱えて生きていく暮らしの輪郭が見えなかったのではないかと。

人は元気なときには自分の暮らしのかたちは実感できます。

でも身体が不自由になったときにはそれが見えなくなる。

そんなことに気付きました。

母は不安でいっぱいだったのでしょう。

でも私は母に「優しく介護する」ことしか考えてこなかったし、やってこなかった。

そんな悔いが残りました。

道具は重宝なものですが、それだけで何とかなるものではありません。

何よりその人の生きるかたちは本人の意欲だけではなく周囲がともに創り出すものです。

そして道具もまた、ケアする人とされる人のあいだにあるものなのです。 

おむつフィッター倶楽部設立

おむつフィッターの皆さんが集い、おむつフィッター資格取得後も研鑽していける集いを実現する『おむつフィッター倶楽部』が発足しました。11月15日の実践報告会では、倶楽部設立のご報告とともに、『おむつ検定R』を実施しました。当日の報告会開会にあたっての浜田きよ子からのご挨拶、ならびに、倶楽部代表世話人の小林貴代さんからのご挨拶をここに掲載します。

 

浜田きよ子 おはようございます。お忙しい中、そして秋の天気の良い日に私たちの排せつケア実践報告会にお越しくださって本当にありがとうございます。

むつき庵は今から11年前、11月27日にオープンしました。

思いがあってもどんなことができるんだろう?本当に人が来てくださるんだろうかと思いながらはじめた場所です。そして相談を受ける中で、研修をやったりして、自分たちのケアについての考え方などを広めてきました。その研修の中で、ここにはもう1級、2級の方がおられますが、その実践にもとづく論文が良くて、これは私たちの中にとどめておくのはもったいないので多くの人に知ってもらいたいと思ったのが、この実践報告会の始まりです。

11年前からひとつひとつやってきたことが今、こうなっているんだということが感無量です。今回の報告は事前に抄録を読みましたがどれも素晴らして、自分たちの重いが自分たちの想像しえたものを超えて広がっていることを実感しています。

今回はおむつフィッター倶楽部設立の日です。これはとても大事なことです。おむつフィッターの方々が4000人を超える中で、親睦や学びをより深くしたい。つながりを考えて行きたい。という想いの中で倶楽部のような事ができないかと考えてきました。そのこともあわせて皆さんにご報告できたり、様々な学びを皆さんと受け取って行きたいと思います。

私の挨拶を中途で終えて、おむつフィッター倶楽部について、倶楽部の代表世話人である小林貴代さんから報告をしていただきます。

 

小林貴代さん 皆さんに大きな報告と大きなお願いをしたいのです。

浜田先生からお話ありましたように、むつき庵が2003年にできて、2004年9月に最初のおむつフィッターの研修がありました。10名が参加した3級研修がむつき庵の2階で開かれました。10年を迎え、今はおむつフィッターは総勢4205名です。3級が3511名、2級が474名、1級が210名です。

おむつフィッター倶楽部を本日発足し、活動も始まります。構成はむつき庵と代表世話人数名、そして、全国を9つのエリアにわけ全国を網羅する形で代表を出させていただき、その皆で協議しながら運営していきたいと思います。近畿エリアの実行委員たちとも協力しながら進めていきます。皆さんの意見を吸収しボトムアップできるようにしていきます。実際にどんなことをしていくのか。お金も何もないので資金繰りをしていきながら、そのために『おむつ検定』をむつき庵と共催しながら資金源を確保します。皆さんが会員となって納めていただく会費から、活動費用を捻出し、皆さんに還元できるようにします。

親睦、連携、情報交換。むつき庵のイベントに協力していくことでの学びはとても大きいものがあります。ですからぜひ、次回は皆さん、このTシャツを着て、おむつフィッター倶楽部でやって行きましょう。そして、最新号の『むっちゃん庵ちゃん』におむつフィッターの説明が書かれています。

1;排せつケアを正しく伝えるための活動。

2;おむつフィッターの認知度を向上させるための活動。

3;排せつケアの情報発信やイベント企画運営。

4;おむつフィッターが楽しく活動できるためにその発信や知識習得の機会。

5;互いに交流できる場。

6;むつき庵が開催する実践報告会やバリアフリー展のサポート。

…ということが書かれています。こういったことを大きな趣旨として進みます。

最後に大きなお願いです。

今日は、おむつフィッター倶楽部の入会申込書を受付においています。受付でも申し込みを受け付けていますので、年会費3000円、ご連絡先を書いてほしいのです。

Eメールで情報を受けることができる人はぜひ、その部分を書いてほしいのです。

個人情報については、むつき庵、おむつフィッター倶楽部の活動以外には使用しませんのでご安心ください。最後に、ふなっしー、ひこにゃんなどのようなかわいいイラストを送ってください。

みんなで排せつケアの向上にかかわれたら思いますので、ご協力お願いします。

 

おむつ検定

 

浜田きよ子 小林さんありがとうございました。いろんな形で排せつケアを楽しく、そして学びを深めていくのが大きな願いです。ぜひ、多くの方がお集まりくださいましたら幸いです。

また、本日ははじめて『おむつ検定』をします。『おむつ検定』は倶楽部の資金源だけではなく、大きな趣旨として、おむつフィッター研修を受けていただきたいのですがなかなか2日間では参加しにくいとか、ドラッグストアなどでの、おむつにかかわる仕事をしている。ご自身が介護をしている。そういった方がおむつを知っているだけでケアは変わっていきます。2日間は研修参加は難しい、という方でもおむつに特化した学びは重要であると、2年ほど前から考えてきました。それを検定試験として行うことにしました。

この1回目の検定が今日です。倶楽部のことだけではなく多くの学びをともにできたらと思います。
小さかった場所がいろんな人を巻き込みながら、私たちも学びが深まっていて心からうれしいと思っています。そんな学びをまた深める場所を今日、皆さんと創って行きたいと思います。今日よろしくお願いします。

おむつフィッター倶楽部設立
おむつフィッター倶楽部設立を記念して、世話人の皆さん

 

おむつ検定R
はじめての「おむつ検定」は満席になりました。
受検された皆さんの想像をこえる「本気」が会場を包みました。

 

浜田きよ子へのお問合せは、高齢生活研究所にお願いします。

〒602-8123  京都市上京区下立売通黒門西入橋西二町目 648

TEL:075-467-0150 FAX:075-803-1123

 

あまどころあまどころ
サイトのあちらこちらに掲載したイメージは、「あまどころ」という野草で、「心の痛みのわかる人」という花言葉を持っています。
相手の痛み・悲しみを知っていること。自分の痛み・悲しみを知っていること。
介護に限らず人と人の関わりの本質は、そこから育まれたコミュニケーションであるということ。
だれかと喜びを共有できるとしたら、それは、お互いの痛み・悲しみを母として生まれた宝物なのだということを忘れずにいたいものですね。

 

更新履歴

2017年8月6日
熊井利將さんとの対談

2017年7月2日
第七回むつき庵はいせつケア実践報告会大賞受賞 茨木素景子さんの発表全文掲載

2017年6月30日
バリアフリー2017の様子

2017年5月30日
メディカ出版Medimagaでの連載開始

2016年12月19日
臨床哲学者西川勝さんとの対談

むつき庵のサイトはコチラ
むつき庵のサイトはコチラ→
高齢者の作品収集と展示
高齢者の作品収集と展示
グッドデザイン賞
むつき庵グッドデザイン賞受賞

ベターケア
大介護時代の情報誌『ベターケア』

ファンファーレ
ウェブマガジン『ファンファーレ』

考える介護のために・対談シリーズ介護現場で考える・福祉用具研究会プロフィール・著作紹介高齢生活研究所

考える介護をはじめよう Copyright (c) 浜田きよ子 高齢生活研究所